旅行の際に便利に利用できるキャリーバッグは種類も豊富です。

選び方に迷うこともありますが、ポイントを押さえていれば自分に合った物を探すことができます。

適切なキャリーバッグの利用は、旅行を快適なものにします。

選ぶ基準を明確にし、よく検討してから購入することが大切です。

キャリーバッグの選び方の参考にはこちらがおすすめ

持ち運びに便利なキャリーバッグは海外旅行の必須アイテム

キャリーバッグのメリットは、持ち運びがしやすい点にあります。

特に海外旅行の場合は荷物が多くなり、重量がかさむ場合が多いでしょう。

キャリーバッグは車輪が付いて転がしながら利用できるため、重い荷物も苦にならずに移動が可能です。

キャリーバッグは持ちやすいように取っ手が付いているため、転がすことも簡単にできます。

スーツケースとキャリーバッグの違いには、それほど明確なものがあるわけではありません。

お互いに似たような機能を有する製品があります。

特に海外旅行のように知らない土地で長期間滞在するような状態になれば、荷物の移動は体力的にも精神的にも疲れるものです。

旅行で最も苦労する荷物の移動について、それを快適にしたキャリーバッグは、海外旅行の必須アイテムと言えます。

キャリーバッグの選択は荷物の量によって異なる

キャリーバッグを選ぶポイントは、どの程度の荷物を入れるかです。

滞在日数が長い旅行では荷物の量が多くなるため、それを満たすキャリーバッグが必要になります。

但し、荷物の量に比べてキャリーバッグが大きすぎると使い勝手が悪くなります。

荷物の量とできるだけ比例しているキャリーバッグを探すことがベストです。

まずは滞在期間を目安にしながらキャリーバッグの用途を事前に検討し、その上でキャリーバッグのサイズを選択することが大切です。

荷物に関しては、旅行先でのお土産の量も考慮する必要があります。

出発時には問題を感じなくても、事前に考えていた以上にお土産の量が増えるとキャリーバッグに収まらない状態になる可能性があります。

お土産が多い場合は、大きいサイズのキャリーバッグを利用することが適切です。

そこまで多くの荷物でない場合は、小さめのサイズの方が取り扱いが楽で、さらに快適な旅行の後押しになります。

また、キャリーバッグを飛行機に乗せて移動する場合は、重量制限にも注意が必要です。

機内への持ち込みには、各航空会社の基準に合わせたサイズの選択が必要です。

ハードタイプの特徴

キャリーバッグには、「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」があります。

ハードタイプは頑丈で耐久性にも優れています。

特に海外旅行では、空港において荷物が手荒く扱われる恐れがあり、キャリーバッグの中身をしっかり守る配慮も必要になる時があります。

ハードタイプであれば衝撃にも強い仕様になっているため、このような状況でも安心できます。

しかし丈夫な分、重量が重くなる傾向があります。

重さが気になる場合は、ハードタイプで軽量仕様になっている製品も市販されているため、それを購入するといいでしょう。

海外旅行の場合は、治安が心配になることもあります。

ハードタイプは防犯性にも優れており、海外で利用する場合でも安心感があります。

ソフトタイプの特徴

ソフトタイプの特徴は、軽量で荷物の出し入れがしやすく、取り扱いに便利という点です。

柔軟な素材で作られており、柔軟性があることから中身がしっかり入るメリットもあります。

しかし耐久性はハードタイプよりも劣ります。

防犯面に関しても、素材の柔らかさからすぐに壊されて中身が被害に遭う可能性があります。

安全な場所で使うことに関してソフトタイプは優れていますが、治安の心配がある場所で使う場合は注意が必要です。

様々な配慮がしてあるキャリーバッグは使いやすい

キャリーバッグは荷物を入れるだけにとどまらず、それ以外にも配慮が行き届いている製品が使いやすくて便利です。

ポケットが付いていれば、小物を手軽に入れることができます。

防水性に優れた素材で作られていれば、雨天時の場合でも中身の保護につながります。

雨天時に使用できるカバーが付いているキャリーバッグもあります。

転がす際の快適さも重要です。

スムーズに転がるキャスターのキャリーバッグであれば、移動のストレスが軽減されます。

また、キャリーバッグを飛行機の中に持ち込む場合は、それに適した小さなサイズで、両面が開くタイプのものが利用しやすいです。

短期旅行の場合は小型サイズが適していますが、中期から長期の滞在を予定している場合は中型から大型のキャリーバッグの方が適切です。

小型のものは小回りが利き移動に便利なため、短期滞在であれば小型のキャリーバッグを利用することがおすすめです。

レンタルのキャリーバッグを利用する方法もある

キャリーバッグは値段的に様々な種類がありますが、できるだけコストパフォーマンスを高くしたいと考えるのは当然です。

滅多に旅行をしない人がたまたま利用する場合は、キャリーバッグを購入するとその後に全く使わない状況になることもあります。

自宅の収納スペースも必要になります。

購入に関しては激安のキャリーバッグもありますが、品質面から考えて高価なキャリーバッグを利用したいユーザーもいます。

キャリーバッグの購入に抵抗がある場合は、レンタルを利用すると便利です。

キャリーバッグのレンタルサービスを行っている業者があるため、インターネットなどを使って調べるといいでしょう。

まとめ

キャリーバッグを選ぶ場合は、自分の旅行に対するイメージを明確にすることが大切です。

実際にキャリーバックを使っているところを想像しながら、どのようなものであれば使いやすいかについて考えることが適切なキャリーバッグを選ぶ方法です。