旅行にお買い物にと、大活躍のキャリーバッグです。

誰でも便利に使えて、重い荷物でもらくらく移動ができるすぐれものですが、選ぶ時に防水に関してもちょっと心配りしてみませんか。

特に旅行に利用する場合、この防水性というのはかなりのポイントになります。

キャリーバッグの防水性能ってどの程度に役立つ

普段のお買い物に利用するキャリーバッグでも、今ではちょっとした撥水加工のしてある素材で作られたもの、多くなりました。

また本当にダウンユースだけとかなら、防水スプレーを加えて使うなどして簡単な雨よけにすることは可能です。

しかし旅行の場合は別ですね。

旅先の天気というのは、本当に予測しづらいものです。

ある程度の支度はしていっても、バッグにまでは気が回らないということもあります。

旅行用のキャリーバッグの場合、普通の撥水加工はされている場合が多いです。

ちょっとした雨なら、これで防ぐことが出来ます。

またハードタイプの素材だと、素材自体で水を防いでくれます。

それでも行き先よっては、この程度だとちょっと足りないと感じますね。

素材によっても防水性に差が

キャリーバッグを購入する時に、素材自体の防水性能についても把握しておきたいものです。

アルミなどの素材のものを選べばそこそこ

ハードタイプの素材のキャリーバッグなら、もちろん水を防いでくれます。

アルミやポリカーボネイトなら、水は通しません。

ただファスナーや留め具の部分から浸水する可能性はあります。

またよほどの大雨とかスコールに会わない限り、キャリーバッグ自体で充分防水になるのがハード素材のもののメリットです。

ソフトな素材のものには撥水スプレーなどで

ソフト素材、ナイロン製などの場合も一応の撥水加工はされているものが多いですね。

特にソフト素材と言っても、形が崩れないような硬さのあるバッグの場合、撥水加工はまずされています。

また完全なソフト素材、薄いナイロン製とかでなければ、作りが二重だったりするので雨よけはそれなりに出来ます。

しかしこの手の素材の場合、ファスナーでの開け閉めが一般的です。

このファスナー部分から水が染み込むことがあるので、要注意ですね。

素材ではなく用途でキャリーバッグを選ぶ手も

普通の旅行用のキャリーバッグの場合、素材や撥水加工によってある程度の防水が可能です。

でもやはり心配だという場合、アウトドアメーカーのキャリーバッグを選ぶことをおすすめしたいです。

アウトドアというのは、簡単に言ってしまえば山や海のレジャーです。

常に天候の変化を気にしていなくてはいけない、そんな場所に行くわけです。

特に山の場合、天候の変化は激しいので、さっきまで晴天だったのが次の瞬間前も見えないような土砂降り、などということもあります。

そういったアウトドア用の製品を専門に作っているメーカーなら、防水性のしっかりとしたバッグなどはお手の物です。

実際、ナイロン製のバックパックでも、しっかりした防水の製品があるくらいですから、その性能はかなり期待が持てます。

こういったメーカーの制作したバックパックの場合、ソフトタイプにしてもハードタイプにしても防水性能は上々です。

ファスナーも防水性能があるタイプが使われています。

ちょっとお値段は張りますが、旅行先での天気の変化が心配な場合、選択肢にいれておきたいものですね。

キャリーバッグだけに頼らずに

色々と工夫はできますが、やはりバッグ自体の防水だけだと心配だという場合は、レインカバーを使ってみてください。

サイズや素材も多くの種類のレインカバーが、ネットショップなどで購入可能です。

カバーを掛けたままで、バッグの開け閉めができるようなすぐれ物もあります。

バッグにしっかり固定できるものが多いので、外れる心配なしに利用ができますし、雨で濡れる心配も大きく減少します。

ただ素材によっては、少々かさばるので荷物のじゃまになってしまうこともありますね。

そういった場合は、使い捨てタイプのものを荷物の中に入れておけば、小さいですし使い終わったら捨ててしまうことも出来ます。

実際均一ショップなどでもこの手のレインカバーを見かけるようになりました。

荷物の下に入れておいていざという時に役に立たせる、というのも悪くありませんね。

キャリーバッグの防水は完全ではないと

キャリーバッグ自体の防水は、ある程度は可能です。

アウトドアメーカーのものなら、かなりの割合で強い雨からもバッグを守ってくれる防水性能が施されています。

ただ正直なところ、完全防水のキャリーバッグというのは、まだ販売されていないと言うのも事実です。

となると、中の荷物を守る最終手段は1つだけです。

旅先で外は土砂降り、でも移動のため出発しなくてはならない場合、いっそ中の荷物をビニール袋などに入れてしまうのです。

外だけでは心配な時には、中でも防水という理屈ですね。

普通のビニール袋なら大して荷物にもなりませんから、数枚いれておいていざという時に利用してみてください。

まとめ

キャリーバッグの防水というもの、ある程度の雨なら問題なく利用ができます。

一般的なタウンユースなら、それほど心配なく利用ができます。

ただどうしても、中の荷物を濡らしたくない時、旅先の天気が不安定な時には、防水スプレーやキャリーバッグの素材を選ぶことで対応しましょう。

もちろん中の荷物をビニールにくるんでおく、というのもおすすめです。