旅行用のキャリーバッグでもタウンユースのキャリーバッグでも、気に入ったバッグはできるだけ長く使いたいものです。

なので購入時によく見ていいキャリーバッグを選んでいきたいですね。

デザインや色も大事ですが、やはり耐久性に優れたキャリーバッグ選びが最も大事なのです。

キャリーバッグというものはそもそも

元々はキャリーバッグ、旅行専用のスーツケースの1種でした。

今ではタウンユースのキャリーバッグも多いので、そのあたりちょっと不明瞭になっています。

でも元は、スーツケースからキャスター付きスーツケースに、そこからキャリーバッグへと進化した旅行用バッグなのです。

運びやすさや使い勝手の良さ、力のない人にも移動しやすいように進化していったのですね。

普通のスーツカースは手にもって運びました。

なので荷物が大きかったり重かったりした時には、他にカートなども必要になりましたし、空港やホテルには専門のポーターがスタンバイしていたものです。

しかし移動しやすいようにそれにキャスターが付き、それだけだとまだ取り回しがいまいちだということで、キャリーバーがついて今の形になったのです。

つまり旅行で、重くて移動が大変な荷物を、少しでも楽に運ぶために出来上がった形が、キャリーバッグなのですね。

キャリーバッグは重い荷物を運ぶためのもの

旅行用の荷物というものは、旅慣れている人でもそこそこの重量になります。

キャリーバッグの便利さは、スムースに移動できるキャスターがついているということと、身体を伸ばしたまま掴むことが出来るキャリーバーがあることです。

それまでのキャスター付きのスーツケースだとどうしても、身体をある程度屈めないと移動ができなかったのが、キャリーバーのおかげで改善されたのです。

キャリーバーのおかげで、それまでの態勢の不自然さが改善され、一生懸命荷物を押して腰が痛くなった、なども軽減されたわけです。

この2つがキャリーバッグを利用することの、最大のメリットですね。

となると、この2つの部分がキャリーバッグの寿命に関わってくる、キャリーバッグ選びのポイントになることは明らかです。

キャリーバッグ選びの時に、この2つをしっかりとチェックすることがおすすめです・

2つの重要なポイントをしっかりチェックしよう

移動するためキャスター部と、掴んで引っ張る部分のキャリーバー、この2つのポイントをチェックすることが、その後のキャリーバッグの寿命に関わってきます。

そして旅先で怖得て最も絶望感が大きいのも、これらの部分です。

キャスターはどのようなものがおすすめ

一般的に、2輪のキャリーバッグのキャスターのほうが、4輪のものよりもサイズが大きくなっています。

重量が2つに分けられるのかそれとも4つなのかという違いももちろんあります。

単純に言えば、キャスターは大きな方が耐久性が高い、壊れにくいのは事実です。

2輪の場合、キャスターはスーツケース本体に組み込まれた形なので、その点からも丈夫に作られていると言えます。

4輪の場合本体から独立した形で、キャスターが付いています。

小さめな上に独立しているので、いささか耐久性は2輪のものに劣ってしまいます。

その代わり、重量自体は4分の1ですから、そう考えればほぼ同等ということですね。

4輪の場合、できるだけキャスターの大きな物を選ぶと、キャスター部分の劣化が少なく済むのでおすすめです。

キャリーバー部分にも注目を

特に2輪のキャリーバッグの場合、かなりの重量がキャリーバーの部分にかかります。

荷物自体が斜めになって移動しますから、バーに掛かる重量が多くなるのです。

4輪の場合、垂直移動していれば2輪ほどにキャリーバーに重量はかかりません。

どちらにしてもこのキャリーバーの部分、何段階化に分かれて引き出すタイプが主流です。

なので継ぎ目がしっかりしていることや、バー自体の素材にも目を配りたいですね。

全部引き出して引っ張ってみて、継ぎ目などがグラグラしていないかもチェックが必要です。

旅行はとにかく荷物が増えるという点からのチェックは

旅行の終わりというものは、何によらず荷物が増えているものです。

自分へのお土産はもちろん、周囲の人へのお土産など気がついてみると重量も増えていて当然です。

そして出かける時に忘れたものを買い足したり、旅先で購入して使っていた消耗品が残っていたりと、最後にスーツケースの蓋を締めるのに一苦労と言う人も多いです。

キャリーバッグを購入する時には、このことも考えるようにしたいですね。

行きだけの荷物の量と重さで考えていると、帰りに困ったことにもなってしまいます。

重さやかさが増えるという前提で、キャリーバッグを選んでいきましょう。

キャスターやキャリーバーの耐久性も、あくまでも重量多めに見ておくことが大事です。

そして荷物が増えれば今度負担がかかるのが、ファスナーや留め具などの部分です。

留め具の方はまだしも、ファスナーの場合壊れてしまう危険性もあります。

きちんとした耐久性のあるファスナーや、専門ブランドのファスナーが利用されているかも、調べておきましょう。

まとめ

キャリーバッグはそれほど何度も利用しないという人だと、まああまり高くないものでもいいやと考えがちです。

でも旅先で肝心なキャスター部分やキャリーバーの部分が壊れたら、これはもう絶望以外の何物でもありません。

ファスナー部分だって同じことで、紐などで巻いて帰国することにもなりかねません。

そんなことのないように、こういった部分のチェックをしっかりとしての購入をおすすめしたいです。